サッカーユニフォームのこだわりポイント

エンブレムがポイント

日本でのワールドカップ開催や日本代表チームのワールドカップやオリンピックでの功績、Jリーグの人気、日本人選手の海外進出や活躍に伴って国内のサッカー人気も高まっています。学校のクラブ活動やサークル、地域のサッカーチーム、サッカー教室などでサッカーをする機会もあり、サッカーユニフォームを使う回数も増えてきました。サッカーユニフォームはそのチームやクラブだけの特別なもので、チームカラーを使った土台にロゴや文字を入れて、各チームがオリジナル性の高いデザインを作っています。日本やイタリアのナショナルチームの青、Jリーグや海外クラブの赤や黄色、黒などを混ぜたカラフルなユニフォームは遠くから見てもすぐどこのチームか分かります。

サッカーユニフォームはチームやクラブのエンブレムもポイントです。エンブレムはナショナルチームの国旗のように重要な役割を果たし、入っているかいないかでデザインが大きく変わってきます。学校のクラブなら校章、地域のチームならその都道府県や市町村のシンボルマークを入れたりすることもできますが、一番目立つのはやはりオリジナルのエンブレムです。学校や地域の特色を表したようなマークや、チームカラーを何色か使ってカラフルなシンボルを作ったり、動物や植物などを象ったマーク、盾や兜などをベースにした紋章のようなマークなど様々な種類が考えられます。星や月、太陽などをイメージしたエンブレムも分かりやすく、いくつものシンボルを組み合わせて複雑な構成にすることもできます。

サッカーユニフォームは着ることでチームの団結感を高め、他のチームとは違うことをアピールできる最良の手段です。チームカラーとエンブレムは最も大切なポイントで、ぱっと見ただけでどの学校や地域のクラブなのかはっきり分かるようなデザインが理想的です。海外の有名クラブはそのクラブのある都市の紋章を使ったり、クラブの創設者の家紋や古い旗などをアレンジしたエンブレムなど凝ったマークをつけてチームの独自性をアピールしています。サッカーユニフォームは試合中に選手が着るだけでなく、応援するサポーターがスタジアムで着たり、サッカーの試合以外のイベントや普段着、ジョギングやウォーキングなど他のスポーツをするときにも着用できる便利なアイテムです。お気に入りのチームのサッカーユニフォームを着て日常生活でもファンであることをアピールしたり、ファッションの一部として取り入れてみましょう。

サッカーユニフォーム:デザインのポイント。迷彩色

サッカーユニフォームは、サッカーをプレイするさいにプレイヤーが着用するものです。アマチュアプレイヤーからプロプレイヤーまで幅広く着用していますが、プロプレイヤーの場合に細かい規定が定められており、それに準じたものを着用する義務があります。一方でアマチュアの場合には厳しい規定はなく、一定の規格に沿ったユニフォームであれば問題ありません。
サッカーユニフォームの構成としては、シャツ、パンツ、ソックスの3つからなっています。シャツは一般的には半袖のTシャツ状のものです。寒い場合にはアンダーシャツで対応するのが一般的でアンダーシャツもサッカーユニフォームに合わせてたカラーにするのが一般的です。またパンツは膝あたりまであるセミロングパンツが使われ、ソックスもサッカーユニフォームに合わせたものが使われます。なお、サッカーユニフォームはゴールキーパーのみ違う色が使われます。

サッカーユニフォームのデザインとしては比較的、目立つ色が好まれる傾向にありますが、チームカラーに合わせたカラーリングにされるのが一般的です。なお、財団法人日本サッカー協会が定めるユニフォーム規定は、公式戦に出る場合には黒以外の色であることが求められます。またチーム名、背番号は必須でそれぞれ規定のサイズを満たすものをプリントする必要があります。選手名やホームタウン名などは任意とされています。また選手名やチーム名などのほか広告を表示するさいにも規定のルールに沿ってプリントする必要があります。

サッカーユニフォームは単色やストライプといったものが以前は主流のデザインでしたが、近年は柄を入れたものや迷彩色のものも広く採用されるようになっています。迷彩色のユニフォームも規定のルールを満たしていれば公式戦に出場することができます。一般的な迷彩色としては、グリーン系のもののほかブラウン系やブルー系などがあります。サッカーユニフォームを作るさいにはフルオーダーで作る場合とセミオーダーで作るものがありますが、フルオーダーであれば生地から選定できるので、自由なサッカーユニフォームを作ることができます。セミオーダーの場合には既存のユニフォームにマークなどをポイントでプリントするというもので、価格が安く納期も早いメリットがありますが、選べる生地が限られ迷彩色の場合も用意された柄しか使用することができません。またサッカーユニフォームは公式戦に出場する場合には規定のルールに則ったものである必要があります。

サッカーユニフォームオーダーのワッペンやデザインポイントについて

サッカーユニフォームというのはサッカーをするときに着用するものであり、それぞれどのチームに所属しているのかを確認することができるので、どの選手がどっちのチームに所属しているのかを簡単に確認することができます。このサッカーユニフォームを製造するときには、オリジナルユニフォームを作ることになるので、専門の業者に依頼をして作ってもらうことになるのですが、その時にオーダー方法にはセミオーダーとフルオーダーがあるのです。
それぞれのオーダータイプによりどのようなことができるのかに違いがあり、価格も大きく変わってきます。基本的にフルオーダーのほうが高くなりますが、できることはたくさんあるのです。たとえば、チームで使用しているワッペンはチームエンブレムであり、このエンブレムはサッカーユニフォームの大きなデザインポイントとなりますが、フルオーダーだとこのワッペンも作ることができます。
エンブレムだけでなくサッカーユニフォーム全体のデザインを変えることもでき、自分で作ったデザインデータを持ってきて総柄のサッカーユニフォームを作ることもできるのです。この総柄の上からワッペンを貼り付けて複雑なデザインのユニフォームを作ることができます。
ワッペンは1箇所だけでなく、複数の場所に貼り付けることができるという特徴があり、肩にも付けることができるのでプロチームのようなユニフォームを作ることができるのです。また、セミオーダーでもワッペンを作ることができるのです。
セミオーダーには、あらかじめ決められたボディを使いユニフォームを作ることになるのですが、自分で持ち込んだ柄のものを作ることができないという特徴があります。しかし、かなり安い金額でサッカーユニフォームを作ることができるので、お金の節約になるしジュニアチームのユニフォームを作るときなどには、こちらのセミオーダーがいいでしょう。
セミオーダーでもチーム名を入れることができるし、背番号を入れることもできるので、普通のサッカーユニフォームを作ることができるのです。セミオーダーとフルオーダーの2つに言えることは、両方のサッカーユニフォームは製造枚数により価格が変化するということであり、たくさん作ることで1枚に値段が非常に安くなるという特徴があります。
あらかじめ予備のユニフォームをたくさん作っておけば、かなり安い金額でサッカーユニフォームを作ることができるのでおすすめです。